2016年春、リニューアルオープン⁈


by bunkoyagohan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:いいかげんなレシピ( 12 )


 レシピブログ×ハウス食品のモニターレシピです。


e0135683_1083899.jpg



 【辛くなさそうでけっこう辛い 超お手軽ツナ味噌】

 [A]
 ・ツナ缶 小1個
 ・長ねぎ 2本
 ・しょうが 1かけ
 ・スライスアーモンド 20グラム
 ・ハウス「ローストオニオン」 大さじ1
 ・ハウス「辣油」 大さじ1
 ・GABAN「あらびきガーリック」 大さじ1

 ・ごま 大さじ1
 ・輪切り唐辛子 小さじ1
 ・ごま油 大さじ1

 [B]
 ・しょう油 大さじ1
 ・塩 小さじ1/4
 ・ごま油 大さじ2


 1.[A]をフードプロセッサーに入れ、ガーっと10秒くらいまわします。
  
e0135683_10165735.jpg


 2.1をフライパンにあけ、[B]を加え、弱火でくつくつ10分くらい煮たら出来上がり!
  



 この配合はけっこう辛いです!
 あまり辛くしたくない場合は、唐辛子は省略してくださいね~

 ツナの特有の味はほとんどせず、肉味噌というかごま味噌のような味わい。
 かなりコクがあります。
 ツナなしで作ってもよさそう。




e0135683_10195253.jpg

 シソの葉で巻いてもおいしい!




e0135683_10201245.jpg

 ごはんにかけて丼でも!




 これは食べるラー油と同様、いつも作っておきたい常備菜になりそうです。
 ・・・実は2日で食べきってしまったので、
 また今日も作ろうかと思っているところ(笑)
 ぜひぜひ、一度お試しを!



レシピブログのハウススパイスを使ったオリジナル「食べるスパイス」レシピモニター参加中
[PR]
by bunkoyagohan | 2011-02-17 10:24 | いいかげんなレシピ

バターナット カレー


 またまた、アメリカの雑誌からのレシピです。

e0135683_20502276.jpg



 【バターナットのカレー】

   ◎マスタードシード 小さじ半分
   ◎クミンシード 小さじ1
   ◎しょうがのみじん切り 大さじ1
   ◎オリーブオイル 大さじ1

   ◇玉ねぎ 小1こ
   ◇にんにく 2かけ
   (フードプロセッサにかけてピューレにしておく)

   ・白ワイン 50ml

   *トマトペースト 大さじ1
   *コリアンダーパウダー 小さじ1
   *カレー粉 大さじ1

   ・水 1カップ
   ・ベイリーフ 1枚

   ・バターナット(またはかぼちゃ) 小半分~1個 約500グラムくらい(お好みで調節)
   ・固形スープの素 半分~1個

   はちみつ、レッドチリペッパー(カイエンヌペッパー)、塩、こしょう


 <つくりかた>
 1.◎を鍋に入れて、火をつけます。香りが出るまで弱火でいためます。
 2.◇を加え、15分くらい、茶色に色づくまでいためます。
 3.白ワインを入れ、なべ底から洗うようにします。
 4.*を加え、香りを出すよういためます。
 5.水、ベイリーフ、バターナット、固形スープの素を足して、10分くらい煮ます。
 6.味をみて、はちみつ、塩、こしょうなどを適量加えます。辛いの好きならカイエンヌペッパーも。
 7.バターナットが煮崩れはじめるくらいまで(20分前後)、さらに煮ます。
 8.ご飯にかけて、香菜のみじん切りを散らして、いただきます。玄米がオススメ。




 Martha Stewartさんの雑誌からのレシピを少々アレンジしました。
 Marthaのレシピでは、クミンではなくフェンネルで、カレー粉、はちみつは入りません。
 それぞれの分量も、元のレシピから少し変えてあります。

 お好みで、ひき肉やレンズ豆などを入れてもいいかもしれませんね。


 このカレー、ものすごくおいしいです!
 しょうががたくさん入るので、身体の中がじわ~っといつまでもあたたかく、気持ちいい。
 バターナットは栄養価がとても高く、おなかにどっしりたまります(笑) 

 たぶん、日本のかぼちゃでも代用できるはずですが、あまりほくほくしたものだと、バターナットでつくるのとはだいぶ違うものになるかもしれません。

 バターナットは、「甘味が強く、ねっとりと水分の多いかぼちゃ」と理解すると、かなり近いかも。

 実はわたしも、アメリカに10年以上暮らしながら一度も食べたことがありませんでした。
 去年、viveちゃんに教えていただいて初めて食べて以来、すっかりその魅力にとりつかれた食材なのです。

 アメリカでは、秋になるとバターナットのレシピの特集があるほど、ポピュラーなお野菜です。


 
 
e0135683_21184331.jpg
カレーといっしょに、アボカド・トマト・フレッシュコーンのサルサ。ブラックビーンズを入れたら、栄養的に完璧だったかも~。


[PR]
by bunkoyagohan | 2009-09-24 21:28 | いいかげんなレシピ
 矯正チェックアップのときの定番。
 鶏と野菜のお粥です。

 (歯が痛い人はトッピングはナシでね)
e0135683_3462124.jpg


 【簡単レシピ】

*大きな鍋に2リットルくらいのたっぷりの水(好みで調節)、出汁用昆布、干し椎茸を入れて火にかけます。
 沸騰したら火を弱め、10分くらい静かに煮ます。

*そこに鶏(好きな部位でOK)300g(骨付きなら500gくらい)とにんにくを3かけ、しょうがを1かけ入れて、さらに30分くらい煮ます。

*玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、セロリ、ねぎ、ズッキーニを、それぞれ中ぐらいのを1個(セロリは1本)ずつ、1.5センチ角くらいに切って鍋に加えて10くらい煮ます。

*鶏、昆布、椎茸を取り出します。
 昆布だけを細く切ってまた鍋に戻します。

*鍋を鶏がらスープ、塩、コショウなどで好みの味に調味します(薄いスープくらい)
 米1カップを洗い、鍋に加えます。

*さらっとした雑炊風が好みなら30分くらい、45分~1時間くらい煮るとトロリとした中華粥風になります。
 さいごにゴマ油をひとまわしして、できあがり。

★取り出した鶏肉は、薄くスライスします。
★取り出した椎茸は、醤油、さとう、みりんで煮詰めておきます。
★卵1~2個を薄く焼いて錦糸卵にしておきます。

器に盛った*のお粥に、★のトッピングをのせて、青み(香菜、ミツバなど)も加え、お好みでラー油やゆずこしょうと一緒に食べます。



 にんにくとしょうがが入るので、寒い日や風邪気味の時にもぴったりですよ。
 鶏肉はお粥のトッピングにしなくても、別の料理として食べてもいいです。

 水の量や具材はお好みで加減してください。



 <おまけ>
e0135683_452435.jpg

 ふわふわ、たぷたぷで気持ちいいよ~(笑)
[PR]
by bunkoyagohan | 2009-04-03 04:07 | いいかげんなレシピ
 アメリカには、日本では見たことのなかったOrange Roughyという、美味しい白身魚があります。
 切り身でしかないので、もとはどんなお魚なんだろう・・・
 肉質が柔らかくしっとりしていて、うっすら脂がのっています。

 食感的には、鱈よりも鯛系かな?
 たまーに名前のとおりオレンジ色のうろこが残っていることがあります。

 このお魚は、フライなどの揚げ物かホイル焼きに良く合います。

 昨日は揚げ焼きにしたのを、マリネにしました。
e0135683_239058.jpg

*魚は塩コショウ、ガーリックパウダーでしっかり味をつけ、小麦粉をまぶして
 フライパンで揚げ焼きにします。
*マッシュルームも4つ割りにして、素揚げします。
*酢大さじ3、砂糖大さじ1、塩ひとつまみ、オリーブオイル大さじ2をよく混ぜて、
*薄切りの玉ねぎ・セロリ・黄パプリカ、オリーブ、ちぎったディル、乾燥ハーブなど、お好みのスライス野菜とハーブを入れ、魚とマッシュルームを入れてざっくり和えます。

 バットのようなものに入れて、数時間なじませておくとさらにおいしい~。
 お酢をワインビネガーにするとさらにおいしい~。
 砂糖の量は、好みやその日の体調で加減します。


 ニンジンとグリーンピースの炊き込みピラフと、
 じゃがいもとドライトマトの煮ころがしをいっしょにいただきました。

 このじゃがトマト、笑っちゃうくらい何度も作っています(笑)
 でもほんとに大好きなの!


 ちょっと疲れが出たかな?
 扁桃腺がうっすら腫れて、飲みこむときに痛みます。
 扁桃腺とはもう長年のお付き合いなので、
 だいたいの対処はできるようになりました(笑)

 これくらいの腫れだと、水分をたくさん摂って、睡眠をいつもより長く取れば
 数日で治るはず。

 忙しいのは一段落したといえ、もう次のお仕事がちゃんと順番待ちしていてくれているので(苦)、ひどくならないようにしなくちゃ~。

 ・・・と思って、2人が出かけた後2時間ほど眠りました(笑)

 まだ眠い~・・・
[PR]
by bunkoyagohan | 2009-03-12 02:58 | いいかげんなレシピ
 「ひよこ豆のおやきバーグ」のレシピは前に紹介したけれど、今日はどーんとおかず系ハンバーグに進化したレシピを載せてみます。
 あんまり違いはないんですけどね・・・笑
e0135683_19333.jpg

<豆ハンバーグのレシピ>

 *ひよこ豆・・・300~400グラム(ゆでた状態で)
 *玉ねぎ・・・1個、粗みじん切りにする
 *クミンシード・・・小さじ1
 *ケチャップ・・・大さじ1
 *ソイマヨ(マヨネーズ)・・・大さじ2(省略可)
 *小麦粉・・・大さじ2
 *豆乳(牛乳)・・・適量
 *オリーブオイル・・・適量

1.深鍋か中華鍋にオイル、クミンシードを入れ、火をつける。
2.パチパチいったら玉ねぎを加えてしんなりするまでいためる。
3.火を止め、ひよこ豆を入れ、鍋の中でがんがんつぶす。
4.ケチャップ、ソイマヨ、小麦粉を入れ、よく混ぜる。
5.豆乳をしっとりまとまるまで、適量加える。
6.手にサラダオイルかオリーブオイルをつけて、4つのハンバーグに成形する。
7.フライパンで両面をじっくり(片面5分くらいずつ)焼く。
  (ふたをすると良い)

★好みで、つなぎに卵を使ってもOK!


 ケチャップ、ソース、(好みで赤ワインや砂糖を加える)を混ぜて軽く煮詰めたソースをかけてどうぞ!
[PR]
by bunkoyagohan | 2009-01-29 01:17 | いいかげんなレシピ
e0135683_213567.jpg


<豆腐団子スープのレシピ>

 ・豆腐・・・大きいの1丁
  (ひき肉を入れたい場合は、鶏ひき肉100グラム程度)
 ・干ししいたけ・・・1枚もどす
 ・にんじん・・・日本のなら半分。アメリカのなら1本
 ・ねぎ・・・日本のなら5センチくらい。アメリカのグリーンオニオン1本
 ・パン粉・・・半カップ
 ・小麦粉・・・大さじ2
 ・片栗粉・・・大さじ2
 ・しょうが・・・ひとかけ分
 ・塩・・・小さじ半分
 ・醤油・・・小さじ1
 ・胡椒・・・少々
 ・だし汁・・・1000ccくらい

★豆腐はよく水切りして、ボールでよくつぶす。
★干ししいたけはもどして極細かいみじんぎり。にんじんはすりおろし。ねぎはみじん切り。
★豆腐のボールに、だし汁以外の上記材料を全部入れて滑らかになるまでよーくまぜる。
★だし汁をあたため、醤油とみりんでお吸い物くらいの薄味におつゆをつくる。
★↑のおつゆのなかに、豆腐のまぜたものを、テニスボールよりやや小さめくらいの大きいボールにして、落としていく。
★豆腐が浮き上がってくるまで、弱火で煮る。

 *豆腐は柔らかいものだと崩れやすくなりますが、そっと扱えば全部崩れてしまうことはないので大丈夫です。

 *だしは、できれば昆布と椎茸(だしをとった後はみじん切りにして豆腐団子に)でしっかり取る方がダンゼンおいしいです。
 (好みで、かつお節、煮干などでも)

 *おつゆは、ごくごく薄味にしたほうが、豆腐団子の味がしっかりしておいしい。
[PR]
by bunkoyagohan | 2008-11-20 02:00 | いいかげんなレシピ
 ちびままさんがいつもおいしそうなマフィンを焼いているのを見て、
 どうしても作りたくなり、金曜日に作ってみました!


 欲張って二種類。
 りんごのシナモン煮を入れた甘いのと、
 チーズ、ナッツ入りの甘くないの。
e0135683_018319.jpg

 うぉぉぉ~~! ワインに合うぞ!

 金曜日だし~、気が緩んでるし~、で、
 お昼にほんの少しのワインと一緒に味見しました(笑)


 オジョウサン大喜び!
 チーズのが気に入ったみたいです。
e0135683_0185266.jpg



 あまりお菓子系は作らない(作れない)わたしですが、
 マフィンならお菓子というより主食でもいい感じ♪
 また作ります。ちびままさん、ありがとう!




 そして、そのちびままさんが昨日のコメントで、パスタのレシピのことを聞いてくださったので、レシピをちょこっとのせておきます。 
 あたりまえずぎる普通のパスタなので、レシピというほどのものでもないのが恥ずかしいのですが・・・よろしかったら「我が家の定番」も試してみてくださいな♪


e0135683_024162.jpg

 <ツナとトマトのパスタ>
 トマト・・・大きいの1個 (ざく切り)。またはトマト缶1個
 ツナ・・・1缶
 缶詰の黒オリーブ・・・50グラムくらい。お好みで。
 玉ねぎ・・・中1個 (うす切り)
 にんにく・・・1かけ (みじん切り)
 ベイリーフ・・・1枚
 オリーブオイル・・・やや多めに。大さじ1~2くらい?

★なべにオリーブオイルとにんにくを入れて、火をつけます。
★香りが立ったら、玉ねぎを炒めます。
★玉ねぎがしんなりしたらツナを油を切っていれ、軽くほぐします。
★トマト、オリーブ、ベイリーフを加えて、ふたをしてことこと30分くらい煮込みます。
 (ここで好みで乾燥ハーブを加えても!)
★ソースがいい具合になったら、塩コショウで味を調えてできあがり。
 (塩の量はお好みで加減してくださいね。)
★ゆでたパスタにからめてどうぞー。

 ソースはトマトの量にもよるけれど、たっぷり3人分くらいあります。
 余ったソースはバゲットにのせて食べてください。おいしいよ~。

 ウチでは、どんなパスタよりもコレが一番人気です。
[PR]
by bunkoyagohan | 2008-10-27 00:35 | いいかげんなレシピ
 月曜日のばんごはん。
e0135683_2121390.jpg

 ★豆腐とほうれん草の中華煮
 ★豆もやしとねぎのナムル
 ★けんちん風みそ汁とごはん

<豆腐とほうれん草の中華煮>
 ●干ししいたけ1枚を200ccの水でもどしておく。
 ●豆腐は水切り後、切って、油で表面をしっかり焼いておく。
 ●鍋で、にんにく、しょうが、ネギのみじん切りと、唐辛子の輪切りをごま油でいためる。
 ●↑の鍋に、
  しいたけ戻し汁 200cc
  中華スープ素 小さじ1
  醤油 大さじ1
  酒 大さじ1
  砂糖 大さじ半分  を入れ沸騰させる。
 ●豆腐とスライスしたしいたけを加えて2,3分煮る。
 ●ざく切りにしたほうれん草を加え、サッと煮て、水溶き片栗粉(片栗粉 小さじ2+水大さじ1)を加えてトロミをつける。
  
 やさしいお味に仕上がります。



 【おまけ】
 今日も当クラブでナンバーワンの、マーマレード君。
e0135683_1235031.jpg

 得意技 <拗ね顔>
 ご指名待ってるにゃん☆
[PR]
by bunkoyagohan | 2008-10-01 01:27 | いいかげんなレシピ
e0135683_2514124.jpg
 ちびままさんのとこでシチューを見てたら食べたくなりました。
 ただし、ウチの場合は、ホワイトソース作りません。
 シチューの素も使いません。
 でもインスタント!(笑)

 キャンベルの「cream of potato」というスープ缶を使います。
 シチューではなく、ポテトチャウダーなんです。



<ポテトチャウダー>
 ★にんにくとベーコン(少々)を厚手の鍋で炒める。
 ★鍋に玉ねぎ、にんじん、セロリを入れてさらに炒める。
 ★じゃがいも、マッシュルームをいれてまたさらに炒める。
 ★白ワイン100ccくらいを加え、鍋底を洗うように炒める。
 ★cream of potato缶を加え、混ぜながら炒める。
 ★1.5カップの水、ローリエの葉を入れて、煮込む。
 ★30分くらい煮たら、コーンと牛乳かハーフ&ハーフを100cc入れる。
 ★塩、胡椒で味を調えて、できあがり。

 クリームシチューのコクがちょっと苦手・・・という人(オジョウサンね・・・)にオススメです。
 さらりとしていて、具たくさんスープのよう。
 やさしい味にしあがります。
 シチューの素を使うより、簡単な気がするの。
 缶のスープを使うから、味も塩と胡椒だけでOK!
 でも、日本にはcream of potatoのスープ缶、売ってるかしら?

e0135683_315138.jpg

[PR]
by bunkoyagohan | 2008-09-14 03:04 | いいかげんなレシピ
<ひよこ豆のおやき? ハンバーグ?>

 ★ひよこ豆はお手軽に缶詰を使います。
  (乾燥を使うときはゆでてね)
 ★缶汁を切ったひよこ豆をボールの中でよーくつぶします。
 ★みじん切りにした細ネギ、ピーマン(赤でも緑でも)、クミンシードを混ぜて、
 ★カレー粉、ケチャップ、塩コショウで味付けします。配合はお好みで。
 ★小麦粉大さじ2を混ぜ、ミルクか豆乳でちょうどいい硬さまでゆるめます。
 ★好きな大きさに平たく丸めて(手につくのでサラダ油を手に塗ってね)、
 ★フライパンで両面5分くらいずつ、弱火で焼きます。

 味がついているのでソースなしで食べられますよ。

 レシピってほどちゃんとしたものじゃなくて、ごめんなさい・・・
 中に入れる野菜や味付けの調味料は、お好みで変えてください。
 (ちなみに今回の味付けは、枝豆サモサを参考にしています)

e0135683_21544128.jpg

[PR]
by bunkoyagohan | 2008-09-09 22:00 | いいかげんなレシピ